口臭と腸内環境の改善と咀嚼の働き

口臭と腸内環境の改善に咀嚼数を増やすことが大事な理由

口臭と腸内環境の改善に咀嚼数を増やすことが効果的な理由 
口臭を強くさせる腸内環境の乱れですが、その腸内環境を整えるのに、食生活やストレスばかりでもなく、食事のしかたも大事な要素になってきます。

 

バランスの取れた食生活はもちろんですが、それ以外に改善として役立つのが咀嚼数です。

 

咀嚼というのは、食物が細かくなるまでかみ砕くことをいいますが、その数が少ない多いのかでも、今後の腸内環境を整えるうえでも大事になってきます。

 

実は、この噛むことについては、年々と減っていることが分かります。

 

はるか昔の弥生時代では、なんと1回の食事に約4000回も噛んでいることが分かっています。

 

時間にして約50分です。

 

実際に昔の食事内容から実験されて明らかになりました。

 

平安時代、鎌倉時代で2500回くらい、江戸時代で約2000回、戦後で1000回、そして現代は、1回の食事での咀嚼数は約600回となっています。

 

時間にすると10分ぐらいから15分ぐらいの時間で終わっていることとが分かります。

 

時代とともに減っていることが分かると思います。

 

昔の食事内容は「硬いものが多かった」というのが理由の1つになりますが、噛まないことで色々な弊害もでてきます。

 

その影響と腸内環境の悪化、または口臭とも関係してきます。

 

男性は特に早食いの人が多いので注意が必要ですが、どのような影響があるのかについてです。

 

 

咀嚼数が減ると腸内環境を悪化させ口臭が強くなる理由とは?

咀嚼数が減ると腸内環境を悪化させ口臭が強くなる理由とは? 
咀嚼数が減ると腸内環境を悪化させ口臭が強くなる理由は、未消化のものが多くなるから、ということが理由になってきます。

 

食べ物を噛まないで、例えばそのまま飲み込んだことをイメージすると分かりやすいと思います。

 

噛んで胃に入れるのと、噛まないで胃にいれるのではは、どちらが消化に時間がかかるのかです。

 

これは当然、噛まないで胃に入れてしまうことの方が消化に時間がかかることになります。

 

消化させるのに、たくさん胃を働かせると同時に腸内もたくさ働かせることのになります。

 

噛まないことで、胃腸に負担を与えていくということです。

 

負担が増えることで、今度は機能が低下してくることになるので、ますます消化に時間を必要としますので、さらに機能が低下していくようになります。

 

そこに加齢やストレスなどが加わると、さらに悪化させるので、負のスパイラルを起こすようになります。

 

そうなってくるとすべて処理しきれなく、未消化のものが増えてくることになります。

 

未消化というのは、まだ食べ物が消化されてない状態のことになりますが、未消化ということは、胃腸内に長く食べた物を長く停滞させるようになります。

 

そしてそれを処理しているのが腸内にいる悪玉菌の働きです。

 

良い働きをする善玉菌は、そのような腐敗したものを好みませんが、悪玉菌はそのようなものを好みますので、この細菌が活性化することになります。

 

活性化するということは、その細菌を増やししまうことになるので、口臭のの原因になる腐敗臭を悪玉菌によってたくさん発生させるようにします。

 

さらに悪玉菌が腸内で優位になってくるので、腸内環境を乱していくようになります。

 

こうなると継続的に悪臭が発生することになるので、呼気にも常に便のような、メタン系の臭いが多く含まれてしまいます。

 

噛まないということは、胃腸の働きを低下させ、口の臭いを発生させやすいということになります。

 

お仕事が忙しい人や、時間にあまり余裕がない人は早食いになる傾向あるので、口臭を改善させるためにもよく噛む意識が必要です。

 

 

腸内環境の悪化と口臭を改善する咀嚼数とは?

腸内環境の悪化と口臭を改善する咀嚼数とは? 
噛む回数が減ることで腸内環境を乱し口臭の原因になりやすくなりますが、果たしてどのくらい噛むこをすれば良いのかです。

 

これは食べる物によりますが、1口の目安としては約30回を目安にするようにします。

 

最初のうちは違和感を感じるかもしれませんが、そのうち慣れて自然にそのぐらいの回数を噛めるようになってきます。

 

それだけの回数があれば、十分に口の中でかみ砕くことになるので、胃腸への負担が減ることになります。

 

負担が減るということは、休めるということでもありますので、胃腸の機能が回復しやすいとも言えます。

 

また、消化が良くなるわけですから、腸内細菌の善玉菌などを安定させやすくしますので、口臭の原因になる悪玉菌を減らすことにもなります。

 

咀嚼数を増やすことは胃腸を助け、さらに口の臭いを改善させるのに期待ができることになります。

 

さらにそれだけでもありません。

 

肥満の予防にも期待ができることになります。

 

咀嚼が増えることで満腹中枢を刺激して、早くに満腹感を感じることができるようになってきます。

 

満腹中枢は脳の視床下部というところから発信されていますが「もうお腹がいっぱい」このような情報を発信する働きになります。

 

早食いの場合はこの情報が遅くなってしまうので、ついつい食べ過ぎてしまうことになります。

 

ですが、咀嚼数を増やすことで、早くにその満腹中枢から満腹感信号が発信されるので、少量の食べ物でお腹をいっぱいにさせることができます。

 

肥満とダイエットになるということです。

 

そのように体の健康にも役立つので、咀嚼数を増やすようにしてみて下さい。

 

他の人の意見も聞いてみる

 

下記の「腸内と口臭対策サプリ」におすすめのものがあるので、そちらも参考にして下さい。

 

口臭と腸内を整えるサプリ

口臭サプリメントランキング


便秘と口臭

腸内環境と口臭

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

腸内環境の乱れによる口臭の原因と改善の方法
腸内環境の乱れによる口臭の原因と改善の方法についてです。腸内環境が乱れることで口臭が強くなることがありますがその原因になっているのが腸内細菌です。その細菌バランスが乱れることで口の臭いが強くなります。便のような臭いがするのが特徴ですが対策方法についてお伝え。
腸内環境と男性の口臭の改善に役立つ有胞子乳酸菌の効果
腸内環境と男性の口臭の改善に役立つ有胞子乳酸菌の効果についてです。腸内環境が乱れることでの口臭の改善に役立つ有胞子乳酸菌の効果についての詳細です。腸内の細菌バランスが乱れることで口の臭いが強くなりますがその解消に乳酸菌が役立ちます。その効果と働きについてです。
男性の口臭と腸内環境の悪化の原因になるストレスの恐ろしさ
男性の口臭と腸内環境の悪化の原因になるストレスの影響。口臭と腸内環境の悪化の原因になるストレスとの関係につていての詳細です。腸内環境が乱れることで口臭が強くなりますがその原因にストレスも大きな影響を与えます。その原因と改善方法などについてお伝えしてます。
男性も注意したい腸内フローラと口臭の関係!改善策は?
男性も注意したい腸内フローラと口臭の関係!改善策は?についてです。腸内フローラが乱れることで便のような口臭が発生することがあります。腸内環境が乱れていることが原因になりますが腸内細菌でもある悪玉菌が影響していることになります。その対策についてお伝えしています。
腸内環境の乱れによる口臭の改善に男性におすすめの食品
腸内環境の乱れによる口臭の改善に男性におすすめの食品についてです。ち腸内環境が乱れることで口臭が発生するようになりますがその乱れを整える食品についての詳細です。悪玉菌を減少させ善玉菌を増加させる食品を紹介しています。サプリなどの消化していますので参考に。
口臭と腸内環境を対策するサプリでおすすめ厳選品
口臭と腸内環境を対策するサプリでおすすめ厳選品についてです。腸内環境が悪化することで便のような口臭が発生しますがその口臭を改善するサプリのおすすめ品です。腸内環境を整えて口臭を改善できるおすすめのものを紹介しますので参考にして下さい。
口臭を強くさせる腸内環境の乱れ!その改善になる食生活とは
口臭を強くさせる腸内環境の乱れ!その改善になる食生活についてです。腸内が乱れることで口臭が強くなってきますが、その一つの原因になっているのが食生活でもあります。何かに偏ることで腸内にいる細菌を乱して口臭を強くさせる原因になります。改善できる食生活についてまとめています。
口臭を強くさせる腸内環境の悪化はストレスも関係するので注意
口臭を強くさせる腸内環境の悪化はストレスも関係する!についてです。腸内環境が乱れることで口臭うが強くなりますが、その原因にストレスも大きく関係してきます。仕事をしている男性に多いかもしれませんが、その関係と改善の方法などについてまとめています。
口臭を強くさせる腸内環境の悪化にオリゴ糖の効果とは?
口臭を強くさせる腸内環境の悪化にオリゴ糖の効果についてです。オリゴ糖はたくさんの種類がありますが、すべてに共通するのは整腸作用があることです。腸内環境を整え口臭を改善させるには役立つ糖になります。その特徴や働きについてまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口臭の原因と改善 口臭と臭いの種類 ドライマウスと口臭 口臭サプリ