慢性胃炎よる口臭の対策と口の臭い原因

男性に多い慢性胃炎よる口臭の原因と改善の方法について

男性に多い慢性胃炎よる口臭の原因と改善の方法について 
男性に多い慢性胃炎よる口臭の原因と改善の方法についてです。

 

口臭が起きる理由と言われると、口の中に問題があると思う人が多いはずです。

 

確かに口の中の臭いの9割は口腔内の何らかの疾患と言われています。

 

しかし残りの1割については、口腔内ではなく内臓の問題である可能性が高いと言われています。

 

その中でも慢性胃炎にかかっている人で、口の臭いがきつくなる傾向があります。

 

男性の中で、食べた後でみぞおちの当たりにもたれを感じる、我慢できないわけではないけれども鈍痛を感じる、食欲があまりしない状況が続いているのであれば、もしかすると慢性胃炎にかかっている可能性も出てきます。

 

ところで胃炎にかかるとなぜ口臭がきつくなるのか、その原因は消化不良にあります。

 

胃炎になることで胃腸の機能は低下してしまいます。

 

すると本来食べ物を消化すべきなのに、きちんと消化しきれなくなることがあるのです。

 

すると胃の中に食べ物が長期的に滞留する形になります。

 

そうなると、この食べ物が本来腸内で行われるべき発酵を引き起こしてしまうのです。

 

この発酵の過程でガスが出てくるのですが、これが血液に取り込まれてしまいます。

 

血液に乗ってガスが全身を巡り、肺に到達すると肺の中にガスが溜まって、吐き出す息の中にガスが混ざり、嫌な臭いの原因となるわけです。 
すると血液に乗ってガスが全身を巡り、肺に到達すると肺の中にガスが溜まって、吐き出す息の中にガスが混ざり、嫌な臭いの原因となるわけです。

 

もう一つ要因があって、それは唾液が関係しています。

 

実は胃腸のコンディションと口内環境は密接に関係していると言われていて、胃炎によって胃腸のコンディションが悪化すると、口内環境も悪化する恐れがあるのです。

 

その中で、舌苔が増える、唾液が減少して口の中が乾きだすといった現象が起こりやすくなります。

 

するとこのような口腔内の環境の悪化によって、口の臭いが強くなることも考えられます。

 

胃炎が口の臭いの原因と言われると、胃の中のガスなどが食道を通って口から放たれるからと思う人もいるかもしれません。

 

しかし胃から直接口に臭いが上がってくることはまずないと言っていいでしょう。

 

通常胃の入り口のあたる部分は閉じているので、胃の臭いが口に戻ってくることはあり得ません。

 

例外としてゲップや逆流性食道炎といった症状も考えられないことはないですが、これはレアケースと言っていいでしょう。

 

 

男性に多い慢性胃炎よる口臭の改善の方法は?

男性に多い慢性胃炎よる口臭の改善の方法は? 
慢性胃炎になった場合、改善する方法として胃薬などの服用をイメージする人もいるかもしれません。

 

胃薬などで胃の痛みなどを改善できるかもしれません。

 

しかし理解しておかないといけないこととして、胃薬による対策はあくまでも対症療法に過ぎないという点です。

 

言い換えるとその場しのぎの対処法なので、原因そのものを根絶できているかというと話は違います。

 

胃薬を飲んで口臭が気にならなくなった、もたれがなくなったからいいと思ってしばらく放置していると再発する恐れもあります。

 

ただ、痛みやムカつきなどが我慢できなければ、胃薬を飲んでその症状を和らげるのも一つの方法です。

 

しかし根本から治すためには、経験したことがある人は分かると思いますがプラスアルファの対策が必要です。

 

慢性胃炎にかかっている人は、胃腸の機能が低下し、消化も十分に行えていません。

 

そこで消化をスムーズに行うためのサポートになるようなものを取り入れることが大事です。

 

その一つの方法が酵素です。

 

酵素は私たちの体内で重要な役割を果たしていて、食べ物を分解して、体内に栄養分を吸収する働きがあります。 
酵素は私たちの体内で重要な役割を果たしていて、食べ物を分解して、体内に栄養分を吸収する働きがあります。

 

その他にも私たちが普段活動する際のエネルギー源を供給するための代謝の中でも重要な役割を担っています。

 

胃炎にかかっている人はこの酵素を取り入れることで、無理なく消化できるようになります。

 

酵素は、野菜や果物の中に多く含まれています。ですから胃炎にかかっている人は、野菜や果物を意識して食事の中に取り入れてみると良いでしょう。

 

ただし熱を入れると酵素がダメになってしまう恐れがあります。

 

そこで生野菜・果物で摂取するように心がけましょう。

 

もし野菜や果物を食べる機会がなかなかないというのであれば、野菜ドリンクや酵素ドリンクという商品も販売されています。

 

水に粉末状のドリンクを溶かして飲むだけなので、忙しい人でも毎日摂取できるはずです。

 

朝忙しくて朝食抜きで出勤している男性もいるかもしれませんが、酵素ドリンクであれば、朝忙しくても毎日飲めるはずです。

 

酵素が消化を促進すれば、食べ物の異常発酵を抑制することも可能です。

 

そうすればガスがお腹の中で発生するリスクも少なくなって、口の臭いも改善されるかもしれません。

 

これも一つの方法ですが、粘膜を保護するものではネバネバとした食品です。

 

オクラ、納豆、なめこ、長芋などのムチンが含まているもので、胃の壁を保護して、胃酸などから守ってくれます。

 

基本的に粘膜が弱っているので、そこに胃液などが触れることで慢性的になります。

 

今はとても便利で、胃の保護をしてくれながらその成分が口臭を抑えてくれるものがあります。

 

そのようなものを取り入れながら対策をすることで、口の臭いも抑えることができます。

 

胃と口臭の両方の対策ができるサプリ

 

スポンサードリンク

関連ページ

男性の急性胃炎による口臭の原因と改善の方法
男性の急性胃炎による口臭の原因と改善の方法についてです。急性胃炎なのでストレスや暴飲暴食などが主に原因になっていてその影響から口臭になることもあります。胃炎を抑えることが口臭を対策する方法ですがその予防におすすめできるものなども紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口臭の原因と改善 口臭と臭いの種類 ドライマウスと口臭 口臭サプリ