口臭のチェックを自分でする方法

口臭のチェックを自分で簡単に確認できる方法とその効果

口臭のチェックを自分で簡単に確認できる方法とその効果 
口臭が自分にあるのかないのか分からない、気になるけど自分で簡単にチェックする方法はないの?

 

ということで、自分で簡単に口臭をチェックできる方法についてです。

 

チェッカーなどもありますが、口の臭いの種類は300種類以上にもなります。

 

その臭いを市販のチェッカーだけで判別できないのは、知っての通りです。

 

外来にあるような業務用のものでないと、正確に測ることが難しく、またそのために機器を購入する人もいないと思います。

 

なぜか自分の臭いとなると感じることができなくなる人が多いのですが、これは実はしょうがないというか、そのように人間が構成されているためと思われます。

 

臭いということは嗅覚を使用することになりますが、良い香りを楽しむためにも使用されますが、万が一の危機を避けるためにも発達してきたものです。

 

光のない暗闇では、目が使えないために、そのときの危機回避として鼻が役立つことになります。

 

悪臭を感じるとイヤな思いや、そこから回避しようとする行動をみせるようになりますが、その悪臭が自分からいつも発生しているとなると、絶えず危機回避しなければいけなくなります。

 

そのようなことを打ち消すために脳が、自分の臭いを感じさせなくさせていると言われています。

 

そのようなことから、自分の臭いは、口臭に限らず分かりづらいものにさせていきます。

 

また、口の臭いは吐き出す息なので、前に空気が流れるために、自分の鼻まで届きづらいということもあります。

 

その臭いを確実に近いとらえる方法についてお伝えします。

 

 

口臭のチェックを自分で確認するには唾液を使用する

口臭のチェックを自分で確認するには唾液を使用する 
口臭のチェックを自分で確認するには、唾液を使用した方法になります。

 

とても簡単で1分以内で終わるので試してみて下さい。

 

できればガーゼがあると衛生的かもしれませんが、ない人は手をキレイに洗って指を使用します。

 

ガーゼを人差し指に巻いて、その人差し指を嗚咽がないくらいの舌の奥において、その奥から舌の汚れを取るようにするだけです。

 

そうすると舌に付着したものと、唾液がガーゼに付着するので、それを旗をふるようにパタパタと乾燥させて、そのガーゼの臭いを確認してみて下さい。

 

指で直接する場合も同じく、人差し指を舌において同じようにします。

 

その唾液を手のどこでも良いのでスリスリとこすりつけると、すぐに乾燥するので、その乾燥したところの臭いを確認します。

 

どちらも口臭がありそうなときにするのがポイントです。

 

その唾液を乾燥させた臭いの強度が自分の口臭の強さになります。

 

口の臭いの原因になる細菌は舌に多く集まってしますので、その細菌をガーゼや指につけて乾燥させたことになります。

 

乾燥せせる意味は、唾液には抗菌成分が含まれているからという理由、そして唾液自体が細菌の臭いをオブラートしているためです。

 

そのような理由から唾液を乾燥させることで、本当の臭いが確認できるようになります。

 

その臭いがとても強いといことであれば、口腔内に口臭の原因になる細菌が多いことになります。

 

この場合は、口の中のケアが必要になります。

 

ただ、全く臭いを感じないのであれば、それで安心したいことろですが、口の臭い原因は、それ以外からも体内からも発生しています。

 

次にその確認をします。

 

 

体内から発生する口臭のチェックを自分ですぐに確認する方法!

体内から発生する口臭のチェックを自分ですぐに確認する方法! 
体内から発生している口臭を自分で確認するには、ビニール袋を使用します。

 

どんなものでも良いので、穴が開いていなく、臭いがない袋を用意して、そのビニール袋に息を吐き出します。

 

このときに袋の容量が小さいと息がどこかで漏れると思いますが、それはそのままにして、息は全部だしきるように吐き出します。

 

そして袋を閉じて30秒ほど時間をおいてから袋の臭いを確認します。

 

このときに何も臭いを感じないのであれば、口臭はほぼないといって良いと思います。

 

ただ、ここで悪臭を感じるようであれば、体内から発生している口の臭い原因の可能性が濃厚になります。

 

これは胃腸内で悪臭が発生していて、それが体の中に吸収されているために、吐き出す息が悪臭を感じます。

 

口腔内の臭いをチェックして、こちらの方で臭いを確認できた場合は、体内から発生する臭いの対策になります。 
口腔内の臭いをチェックして、こちらの方で臭いを確認できた場合は、体内から発生する臭いの対策になります。

 

例えでいうと便をした後の臭いを確認する応用で、他の人が例えばトイレで便をした後にすぐにそのトイレに入ると、相手の便の臭いを確認することができると思います。

 

ですが、その便をした人は、自分で便をした後の臭いを感じづらくなっています。

 

これは先ほど話した通りで、自分で自分の臭いを感じづらいためです

 

ただ、これが他人の臭いのなると嗅覚は敏感になりやすくなりますので、袋に息を入れて、少しだけ時間をおくことで、本来の自分の臭いが確認できるとうことです。

 

袋に息を入れて、時間をおくのはそのような意味になります。

 

後は口の中か体内かを対策することになりますが、それを対策するものは下記にサプリメントとしてまとめていますので参考にして下さい。

 

口腔内の対策用と体内の対策ができるようにまとめています。

 

 

口臭サプリメントランキング

口臭改善方法一覧


口臭と臭いの種類

胃からくる口臭


 

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口臭の原因と改善 口臭と臭いの種類 ドライマウスと口臭 口臭サプリ