寝起きの口臭が気になる男性の口の臭い原因と予防の方法

気になる寝起きの口臭の基本的な原因と改善の方法

気になる寝起きの口臭の基本的な原因と改善の方法 
男性にも多い気になる寝起きの口臭の原因と改善の方法についてです。

 

最近増えているのがこの口の臭いで、朝起きると「口が臭い」このような状態だとやっぱり気になると思います。

 

年代によっても悩みが色々と違います。

 

初めてのお泊りデートをしたときに相手の朝の臭いが強烈で困っている、または自分自身が気になる、キスができない、子供の朝の臭いが気になる、口も乾燥している、寝る前にしっかりと歯磨きをしているのに治らない、歯科にいっても解決できない、ねばつきもあるなど、まだまだ続きますが色々です。

 

中には子供の頃からという人もいますが、気がつくといつの間にかそのような状態になっているという人がほとんどです。

 

ここも改善のポイントになりますが、いきなりではなくて、徐々にそのような環境になったことが分かります。

 

実はこの口臭は3タイプに分かれていて、朝のみ限定の一時的なもの、朝がとくにひどくて日中もそれが続く、朝もひどく日中もひどく口も乾燥している、この3タイプに分かれます。

 

色々な状況がありますが軽度、中程度、重度と分かれるような感じです。

 

ただ、どの原因についても共通することは変わりません。

 

そして他の口臭の原因から比べても、原因がハッキリとしているだけに改善がしやすい部類でもあります。

 

なぜ寝起きの口の臭いが強くなるのかその原因と改善の方法についてお伝えします。

 

気になる寝起きの口臭の原因は細菌の影響によるもの

気になる寝起きの口臭の原因は細菌の影響によるもの 
気になる寝起きの口臭の原因は、細菌が発生させる悪臭が影響しているために口の臭いが強くなります。

 

口の中にとてもたいさくの細菌がいて、数にすると、口のケアをしっかりとしている人でも約2000億個ぐらいと言われています。

 

平均では5000億、多い人で1兆個にもなるで、どちらにしても口の中には多くの細菌がいることになります。

 

この細菌数もそのときの状況で変化するということです。

 

寝起き、夜、日中、食後、と状況によって細菌数が変わり、またこの順番で口の中に細菌数が多いことになります。

 

寝起きに細菌数が1番多くなるのは、寝ている間に1番、唾液が減少してしまうためです。

 

人間が睡眠中は、唾液も睡眠してしまうことになります。これが口臭の原因になります。

 

唾液には細菌を減らすことができる抗菌成分や殺菌成分が含まれていますので、これが寝ている間に減ってしまうために口の臭いが強くなるということです。

 

実際にはこのような感じで増えています。

 

 

唾液自体には、細菌を減らすことができる殺菌と抗菌成分以外にたくさんのものが含まれていて、あまり聞いたことがない内容だと思いますけど、リゾチーム、ペルオキシターゼ、ラクトフェリン、ヒスタチン、分泌型IgAという細菌を減らす成分が多く含まれています。

 

これ以外にも歯の再生に必要なものや、消化を助けるものなどと色々です。

 

ただの水分ではない、ということぐらいにとどめておくと良いと思います。

 

その唾液が寝ている間に、人間が活動している中でい1番減ってしまうために細菌が増加して悪臭を発生させるようになります。

 

細菌自体は、自分たちを止めることができないので、細菌が増えていくような環境が整うことで永遠に増えていきます。

 

口の中にいる細菌は、唾液が減ることで増やすことのチャンスでもあるので、ここぞと、いうことで一気に増加していきます。

 

約30分で1度の分裂なので、仮に口の中に1番少ない細菌数が2000億個の状態で寝たとしても、30分で4000億、1時間で8000億個にもなることになります。

 

6時間も寝てとすると相当な数になっているわけです。

 

そのため寝起きに強い悪臭が伴うことになりますが、寝る前にしっかりと口のケアをしたとしても口の臭いが強くなるのはこのような理由になります。

 

ただ、しっかりと寝る前に歯磨きをすることが意味がない、というではなくてしっかりとと寝る前に歯磨きをしないとさらに細菌が増えてひどくなりやすくなります。

 

寝る前の歯磨きはとても重要です。

 

そして口の中にいるすべての細菌が悪臭を放つのではなく、悪玉菌による影響です。 
そして口の中にいるすべての細菌が悪臭を放つのではなく、悪玉菌による影響です。

 

口腔内には、悪玉菌、日和見菌、そいて善玉菌といてバランスが存在していますが、この中で悪臭を強く発生させるのが悪玉菌です。

 

歯周病菌や虫歯菌は日和見菌になるので、あまり強い悪臭にはなりづらいですが、やはり悪玉菌が発生させる臭いは強烈なものです。

 

腸内と同じ細菌が口の中に多くなることで悪臭が多く発生することになります。

 

ベイヨネラ、通性ジフテロイド、嫌気性ジフテロイド、バクテロイデス、カンピロバクターなどたくさんの種類がありますが、特に悪臭を強くさせるのが、フゾバクテリウムなどの悪玉菌です。

 

少しイヤな話しですが、この悪臭を放つ物質は、細菌が活発になるときの排泄物ということになります。

 

分かりやすくすると細菌の尿や便などの排泄物が悪臭の原因になっています。

 

誰でもとは言えまえんが、寝起きに口臭が発生しやすいのは、寝ているときに唾液が減少する、そのため細菌が増える、悪玉菌が増える、このような理由で朝の口の臭いが強くなりやすくなります。

 

ここでまた、分かれてしまうことになりますが、朝に口の臭いが強くても歯磨きをすることで落ち着く人もいますが、そうでもない人がいます。

 

 

寝起きに歯磨きをしても口臭が消えない理由は3つある

寝起きに歯磨きをしても口臭が消えない理由は3つある 
寝起きに口臭が発生して、歯磨きをすることで落ち着く人もいますが、そうでもない人の原因は3つあることになります。

 

ドライマウス、口呼吸、細菌バランス、主にこの3つが原因になります。

 

ドライマウスというのは、自然に唾液が減っている現象のことで、これも話すときりがありませんが、加齢やストレス、ホルモン、タバコ、アルコール、食生活などが影響されて、唾液そのものが減少していくことをいいます。

 

唾液が少ない中で、寝ている間にさらに唾液が減少してしまうことになるので、細菌が通常より増えやすく、寝起きの口臭も強くなってきます。

 

そして、朝起きたときだけではなくて、日中でもその口が乾燥する状態が続くので、朝に歯磨きをしても、すぐにまた口の臭いが強くなりやすくなります。

 

口呼吸というのは、文字通りになりますが、口で呼吸をしていることを言います。

 

寝ているときに自然に意識していなくても口が自然と開いてしまうことで、口で呼吸をしてしまうために強制的に唾液を減少させてしまうので、細菌が増加して朝の口の臭いが強くなります。

 

これも寝ている間だけではなくて、日中でもそのままになっている人もいるので、常に細菌が増えている状態をつくってしまいますので、朝に限らず日中でも口の臭いが強くなります。

 

口呼吸になってしまう原因は、鼻炎などで鼻が常に詰まっている、鼻の気道がどちらかが悪い、口まわりの筋力の低下、またはそれを不自然と感じていないなどの理由です。

 

その背景にアレルギー性鼻炎なども考えられますが、20代ぐらいまで自然に口呼吸になっている人が多くいます 
子供で多いのが口で呼吸をすることが当たり前になっているケースが多く、それが原因で口の臭いが強くなりやいといえます。

 

その背景にアレルギー性鼻炎なども考えられますが、20代ぐらいまで自然に口呼吸になっている人が多くいます。

 

30代ぐらいから口まわりの筋力が低下して口が自然に開くような感じでしょうか。

 

口を開けると分かりますが、口を開けると反射的に口で呼吸をしようとしますので、それが原因で強制的に唾液を減らして細菌が増えて、朝がとくにひどくなりますが日中でも口の臭いが強くなります。

 

ドライマスにしても口呼吸にしても、どちらにも共通してくるのが、朝に口の中や唇が乾燥していることです。

 

この影響から細菌バランスが乱れて、さらに口の臭いを強くさせることになります。

 

常に悪玉菌が口の中で優勢になっている状態になることで、唾液の分泌が良くても常に悪臭が発生することになります。

 

まとめると寝起きの口臭は細菌の影響、歯磨きをしても口の臭いが強くなりやすいのは、ドライマウスや口呼吸、そして細菌バランスの乱れ、このようにまとめることができます。

 

歯磨きを一生懸命しても歯科にいっても良くならないのはこのような理由が隠されていることになります。

 

やや男性に多い口臭原因でもあります。

 

 

気になる寝起きの口臭を改善するための方法は?

気になる寝起きの口臭を改善するためには、口の中の細菌を減少させることが
改善でもあり予防をする方法になります。

 

寝る前に歯磨きをしっかりとすることはもちろんですが、細菌を増やさないための環境を作る工夫が必要です。

 

歯磨きについても、正しい歯磨きの仕方を忘れている人は案外多いかもしれませんので上記の動画を参考に実践してみて下さい。
そして良くうがいをするようにします。

 

その基本の歯磨きができた場合は今度は舌のケアです。

 

あまりおすすめできる方法ではありませんが、舌ブラシを使用した舌のケアです。

 

おすすめできないというのは、舌は粘膜で覆われているためにあまり触れるような場所ではありません。

 

どちらにしても表面上の細菌しか除去できませんが、使用しないよりはプラスになります。

 

注意点は毎日の使用を避けること、力を入れない、この2つが注意点になります。

 

毎日使用しても舌を痛めるだけになってしまうので、多くても月に3回くらいまでです。

 

舌がピリピリや何か違和感があるようであれば、すぐに使用することをやめて下さい。

 

力をれいないで優しく上から下にブラシを下げるような感覚です。

 

イメージは、舌ブラシを舌に置いてそれを、ただ引くだけのようなイメージです。

 

力を入れてこすってたとしても、多くの細菌が取れないのは細菌が小さすぎるためです。

 

細菌の大きさはナノメートルという大きさで、分かりやすくすると1ミリを1000個に分けてた1000分の1の大きさです。 
細菌の大きさはナノメートルという大きさで、分かりやすくすると1ミリを1000個に分けてた1000分の1の大きさです

 

舌は人間の目では平に見えますが、顕微鏡でみるとデコボコの状態になっています。

 

そのデコボコした隙間に細菌が多く潜んでいて、その細菌をかき出すには、それに合わせたナノメートルの大きさの毛先が必要になります。

 

舌ブラシの毛先の大きさでは、そこまで侵入させることができませんので、いくら力を入れてこすったとしても奥まで届かないということです。

 

そのため力を入れてもあまり意味がなく、かえって舌を痛めるだけでマイナスにしかなりまんので優しくです。

 

ドライマウスの改善については、基本的に咀嚼の回数を増やします。

 

1口に30回ぐらいを目安にして良く噛むようにして唾液の分泌を良くさせる練習をします。

 

口呼吸の改善は口のまわりの筋肉の強化です。

 

難しいことはしませんので下記の動画を参考に実践してみてください。

 

 

あ・い・う・べ、とするだけなので負担にはならないはずです。

 

そしてすぐに口臭を改善したいということであれば、下記に紹介しているものがおすすめで、すぐに解決させることができます。

 

本格的に細菌を減らすためのアイテムになっていて、使用してその日にすぐにその場で解決させることができますのでおすすめです。

 

持ち運びにも便利なので予防をする意味で1つだけ予備しておくことで、緊急のときにすぐに使用することができますので、最悪の状態を回避することができます。

 

旅行ときなどに持っていくのにもおすすめです。

 

寝起きの口臭をすぐに解決するアイテムの詳細

 

 

口臭アイテムまとめ

寝起きと口臭改善方法一覧


舌苔と口臭の改善方法

口臭の原因と改善の方法


スポンサードリンク

関連ページ

寝起きの口臭は誰でもみんなするものなの?ある男性の疑問
朝の寝起きの口臭は誰でもみんなするものなの?ある男性の疑問についてです。寝起きに口臭を感じたときに自分だけなのか?と気になることがあると思います。その疑問にいての答えと、また朝食を取らないとさらにひどくなりやすいことについてお伝えしてます。
寝起きの口臭は胃が原因になることもある!男性は注意
朝の寝起きの口臭は胃が原因になることもある!男性は注意!についてです。寝起きの口臭が強くなる理由に胃が原因になることがあります。そして男性に多いですが寝る前に晩酌や食事をすることでも寝起きの口臭が強くなることがあります。その原因についてお伝えします。
寝起きの口臭は臭い玉が原因?男性にも多い口の臭いの対策方法
朝の寝起きの口臭は臭い玉が原因?男性にも多い口の臭いの対策方法についてです。寝起きの口臭の原因で臭い玉が原因になっていることがあります。膿栓ともいいますがドブのような臭いがするのが特徴です。その原因と臭い玉を対策する方法などをお伝えしてます。
寝起きの口臭に薬で効果のあるもの!男性の口の臭い対策に!
朝の寝起きの口臭に薬で効果のあるもの!男性の口の臭い対策についてです。寝起きの口臭が気になり今まで色々なものを試したけど効果がない場合は薬の使用もおすすめです。薬自体はあまりおすすめできませんがその中でも効果のあるものを紹介しますので参考にして下さい。
寝起きのキスと口臭!男性は注意点したい女性の本音
朝の寝起きのキスと口臭!男性は注意点したい女性の本音についてです。寝起きにキスをしたい人は多いと思いますがそのときに注意したいので口臭の存在です。女性はどのように思っているのかその本音と口臭を対策する方法をお伝えしています。タブレットなども紹介しますので参考に。
男性の寝起きの口臭の予防と臭いを一瞬で消すグッズ
男性の朝の寝起きの口臭の予防と臭いを一瞬で消すグッズについてです。寝起きの口臭予防のポイントとすぐに口の臭いを消す厳選したグッズとアイテムを紹介しています。朝起きたときに口臭で悩まされない環境を作ることができます。男性に多い口の臭いの対策として活用してください。
寝起きの口臭を防ぐための方法と男性の口の臭い原因について
朝の寝起きの口臭を防ぐための方法と男性の口の臭い原因についてです。寝起きの口臭を防ぐための4つの方法をお伝えしています。臭いの原因になるのは歯磨き不足、口呼吸、ドライマウスなどが原因になってきますが対策をすることで寝起きの口臭を防ぐことが可能です。
寝起きの口臭にガムで対策できる!?男性の疑問の答え
朝の寝起きの口臭にガムで対策できる!?男性の疑問の答えについてです。寝起きの口臭にガムが効果があると聞き、本当にそうなのかの答えについての内容です。寝起きの口臭を対策するものや改善するものは色々ありますが果たしてガムはどのような効果があるのかお伝えしています。
寝起きに口臭から硫黄を感じる男性の口の臭い原因と改善方法
朝の寝起きに口臭から硫黄を感じる男性の口の臭い原因と改善方法についてです。寝起きに口臭から硫黄のような臭いを感じるのはその臭いを発生させている細菌が口腔内に多くなることが原因です。便のような、卵が腐ったような臭いにもさせることがあります。改善と対策についてお伝えします。
朝の寝起きの口臭に歯磨き粉で強力でおすすめのものがある
朝の寝起きの口臭に歯磨き粉で強力でおすすめのものについてです。朝の寝起きの口臭が気になる人におすすめできる歯磨き粉の詳細。寝起きに口臭は気になるものですが同時に歯周病やねばつきなども気になる人もいると思います。それにも対応する優れた歯磨き粉の紹介です。
朝の寝起きの口臭予防にグッズで結果がでるものだけをランキング
朝の寝起きの口臭予防にグッズで結果がでるものだけを紹介。朝の口臭が強くなるのは口の中にいる細菌が原因ですがそれをすぐに改善する厳選したおすすめのグッズをランキングで紹介。寝起きの口臭予防いはすぐになりますが特徴や口コミなども参考にして下さい。
朝の寝起きの口臭にタブレットで男性におすすめできるもの
朝の寝起きの口臭にタブレットで男性におすすめできるものについてです。朝起きると口臭が気になる、このような人は多いと思いますけど、その寝起きの口臭におすすめできるタブレットを紹介しています。すぐに解消させることができますがその理由と詳細をお伝えしています。
気になる寝起きの口臭にブレスケアで改善できる!?
気になる寝起きの口臭にブレスケアで改善できる?についてです。男性にも多い寝起きの口臭は気になるものですがその朝の口臭にブレスケアで対策することができるのかについてお伝えしています。ブレスケアは口臭の対策には役立つものですがその詳細についてお伝えします。
寝起きの口臭からドブの臭いがする男性!原因と対策の方法
寝起きの口臭がドブの臭いがする男性!原因と対策の方法について。男性に多い朝の寝起きにドブのような口臭がする原因と改善の方法についての詳細です。この臭いは特徴があり原因としてはハッキリとしていますので対策はしやすいと思います。予防の方法についてお伝え。
気になる朝の寝起きの口臭に重曹で対策ができるの?!
気になる朝の寝起きの口臭に重曹で対策できるの?ということで朝の寝起きの口臭に重曹は効果があるのかについてです。結論からいうと大きな期待までとはきませんが対策はできることになります。簡単な重曹うがい水の作り方などの紹介していますので参考にしてください。
寝起きの口臭にマウスウオッシュの効果は?ある男性の疑問
朝の寝起きの口臭にマウスウオッシュの効果は?ある男性の疑問についてです。寝起きの口臭にマウスウオッシュは過剰な期待はできませんがそれなりの効果はあると思います。寝起きの口臭が強い男性でも気軽に対策できるのではないでしょうか。ただ注意点もあるのでお伝えします。
寝起きの口臭が気になる男性にリステリンで対策できる!?
寝起きの口臭が気になる男性にリステリンで対策できる!?についてです。リステリンというとマウスウオッシュ系の商品になりますが、その商品で男性の気になる寝起きの口臭が対策できるのかについての詳細です。リステリンの口臭効果についてお伝えしています。
寝起きに口臭が生臭いと感じる男性の口の臭い原因と対策方法
寝起きに口臭が生臭いと感じる男性の口の臭い原因と対策方法です。寝起きに口臭が生臭いと感じるのはトリメチルアミン尿症という代謝異常のようなことが原因として考えらえることがあります。尿や汗もそのような臭いになります。原因と改善についてお伝えしています。
寝起きの口臭は虫歯が原因になる!男性は注意が必要
寝起きの口臭は虫歯が原因になる!男性は注意が必要。についてです。寝起きの口臭原因の1つとして虫歯も考えられます。歯の治療をしていない人はそのリスクが上がることになりますが、その理由と改善の方法についての詳細です。特に男性は注意が必要です。
寝起きの口臭が酸っぱいと感じる男性!その原因と対策方法
寝起きの口臭が酸っぱいと感じる男性!その原因と対策方法についてです。寝起きに口臭が酸っぱいと感じるのは胃酸の影響、ダイエット、または糖尿病などが考えられます。口腔内にいる細菌が影響することもありますが、その原因と対策についての詳細です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口臭の原因と改善 口臭と臭いの種類 ドライマウスと口臭 口臭サプリ