口臭と腸内環境とストレスの関係

口臭と腸内環境の悪化と深い関係にあるストレスについて

口臭と腸内環境の悪化と深い関係にあるストレスについて 
口臭と腸内環境の悪化と深い関係にあるストレスについてです。

 

男性が悩む口臭の原因の中には、腸内環境の悪化があります。

 

悪玉菌が増えることで便秘気味になって、宿便が腐敗して有害なガスを排出するようになります。

 

これが全身をめぐって、吐き出した息の中にガスが混ざり、嫌な臭いになってしまいます。

 

ところでなぜ腸内環境が悪くなってしまうのか、いろいろな要因が考えられます。その中の一つがストレスです。

 

仕事のプレッシャーなど精神的な負担のかかる状況だと、「胃が痛くなる」ということがあるでしょう。

 

実際胃が痛くなる人もいるでしょうし、ひどくなると胃潰瘍のような深刻な病気を発症することもあります。

 

胃のほかにも腸にも悪影響を及ぼすといわれています。

 

なぜストレスが腸に影響をもたらすのか、それは自律神経が影響を及ぼすからです。

 

自律神経のバランスが崩れることで、腸の便を外に排出する動きが弱くなります。

 

すると宿便が長く滞留することになって、上で紹介した有害なガスが腸内で発生しやすくなります。

 

その他にも精神面のコンディションを崩すと、善玉菌の数が減少するといわれています。

 

健康な人の腸内を見ると、善玉菌:悪玉菌:どちらにもなりうる日和見菌が2:1:7で構成されているといわれています。 
健康な人の腸内を見ると、善玉菌:悪玉菌:どちらにもなりうる日和見菌が2:1:7で構成されているといわれています。

 

実は、自分がどのような腸内細菌の構成になっているのか、医療機関の「腸内フローラ検査」で調べることが可能です。

 

糞便を検査することで、それぞれの細菌がどの程度存在しているかをチェックできます。

 

善玉菌が10〜20%いればいいのですが、ひどくなると善玉菌がほとんどなく、その大半が悪玉菌によって占められている人もいるようです。

 

実はメンタルと腸内の環境については、実験が行われてその関係性は立証されています。

 

自衛隊のレンジャー部隊というとハードな訓練を課せられることで有名ですが、ある青年がこのレンジャー部隊に参加して2週間経過したところで、腸内フローラの検査を実施しました。

 

するとレンジャー部隊に入る前は正常な割合だったのが、たった2週間で悪玉菌が優勢な構成に激変していたといいます。

 

このように過度に負荷のかかる環境に身を置くと、簡単に腸内の環境が変化してしまうのです。

 

メンタルのマネージメントをどうするかをしっかり考える必要があります。

 

 

腸内環境と口臭の悪化になるストレスで具体的にどうなる

腸内環境と口臭の悪化になるストレスで具体的にどうなる 
男性が抱えやすいストレスは体調を崩す原因となりうることは、世間一般でも広く知られているでしょう。

 

その中の一つに、腸内環境の悪化があり、下痢や便秘などの排便障害を引き起こす可能性が高くなります。

 

腸は非常にデリケートな器官といわれていて、生活習慣が乱れるなど好ましくない環境に置かれるといろいろと支障が生じやすいです。

 

過度なストレスを感じていると、腸内環境が悪化し、その中でも代表的な症状として便秘があります。

 

便秘とは宿便が長いこと腸内にとどまり続ける症状で、環境をどんどん悪化させます。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌があります。

 

悪玉菌は私たちにとって好ましくない細菌の総称です。実はこの悪玉菌にとって、このように便が長期間とどまり続ける状態は好ましい環境です。

 

このため、悪玉菌がますます増殖してしまって、ますます環境は悪化するという負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

そして、メンタルヘルスを崩してしまうと、自律神経のバランスがおかしくなります。

 

腸には蠕動運動(ぜんどう)といって、便を外に押し出す機能がありますが、自律神経のバランスが崩れてしまうとこの蠕動運動の働きが低下してしまいます。

 

腸には蠕動運動(ぜんどう)といって、便を外に押し出す機能がありますが、自律神経のバランスが崩れてしまうとこの蠕動運動の働きが低下してしまいます 
すると便を外に押し出すことができなくなり、腸内で便がずっと滞留することになりかねません。

 

ちなみに悪玉菌は肉などに含まれるたんぱく質を好みます。

 

もし宿便の中に肉のたんぱく質が含まれていると、それを悪玉菌が分解します。

 

この分解の過程の中で、有害物質を生み出してしまいますので、有害物質が腸内に充満すると、腸壁を通して血液にガスが溶け出してしまいます。

 

これが血液に乗って全身をめぐると、肌荒れや体臭・口臭がきつくなるなどの原因になってきます。

 

私たちの身体は病気にかからないようにするために免疫システムがあります。

 

また風邪などを引いたとしてもいずれは治癒しますが、これも免疫の働きによるところが大きいです。

 

この免疫システムは、大腸にある腸内細菌の数や種類の影響を受けるといわれています。

 

もし便秘などで腸内の環境が悪化して腸内細菌が少なくなると、免疫力も低下してしまいます。

 

すると風邪などの病気にかかりやすくなり、体力も低下するなどのデメリットも生じやすくなるのです。

 

ストレスは腸内環境と乱して口臭の原因になることになります。

 

腸内環境と口臭の両方に対応するサプリ

下記の「腸内と口臭改善サプリ」に複数のものがあるので、そちらも参考にして下さい。

 

口臭と腸内を整えるサプリ

口臭サプリメントランキング


便秘と口臭

腸内環境と口臭


スポンサードリンク

関連ページ

腸内環境の乱れによる口臭の原因と改善の方法
腸内環境の乱れによる口臭の原因と改善の方法についてです。腸内環境が乱れることで口臭が強くなることがありますがその原因になっているのが腸内細菌です。その細菌バランスが乱れることで口の臭いが強くなります。便のような臭いがするのが特徴ですが対策方法についてお伝え。
腸内環境と男性の口臭の改善に役立つ有胞子乳酸菌の効果
腸内環境と男性の口臭の改善に役立つ有胞子乳酸菌の効果についてです。腸内環境が乱れることでの口臭の改善に役立つ有胞子乳酸菌の効果についての詳細です。腸内の細菌バランスが乱れることで口の臭いが強くなりますがその解消に乳酸菌が役立ちます。その効果と働きについてです。
男性も注意したい腸内フローラと口臭の関係!改善策は?
男性も注意したい腸内フローラと口臭の関係!改善策は?についてです。腸内フローラが乱れることで便のような口臭が発生することがあります。腸内環境が乱れていることが原因になりますが腸内細菌でもある悪玉菌が影響していることになります。その対策についてお伝えしています。
腸内環境の乱れによる口臭の改善に男性におすすめの食品
腸内環境の乱れによる口臭の改善に男性におすすめの食品についてです。ち腸内環境が乱れることで口臭が発生するようになりますがその乱れを整える食品についての詳細です。悪玉菌を減少させ善玉菌を増加させる食品を紹介しています。サプリなどの消化していますので参考に。
口臭と腸内環境を対策するサプリでおすすめ厳選品
口臭と腸内環境を対策するサプリでおすすめ厳選品についてです。腸内環境が悪化することで便のような口臭が発生しますがその口臭を改善するサプリのおすすめ品です。腸内環境を整えて口臭を改善できるおすすめのものを紹介しますので参考にして下さい。
口臭を強くさせる腸内環境の乱れ!その改善になる食生活とは
口臭を強くさせる腸内環境の乱れ!その改善になる食生活についてです。腸内が乱れることで口臭が強くなってきますが、その一つの原因になっているのが食生活でもあります。何かに偏ることで腸内にいる細菌を乱して口臭を強くさせる原因になります。改善できる食生活についてまとめています。
口臭と腸内環境の改善に咀嚼が効果的?男性は特に注意
口臭と腸内環境の改善に咀嚼が役立つ?についてです。腸内環境を悪化させ口臭の原因の1つに食事のときに噛まないことも影響してくることになります。早食いの人は注意が必要なのですが、咀嚼が少ないことで腸内環境を悪化させやすくします。その理由についてまとめています。
口臭を強くさせる腸内環境の悪化はストレスも関係するので注意
口臭を強くさせる腸内環境の悪化はストレスも関係する!についてです。腸内環境が乱れることで口臭うが強くなりますが、その原因にストレスも大きく関係してきます。仕事をしている男性に多いかもしれませんが、その関係と改善の方法などについてまとめています。
口臭を強くさせる腸内環境の悪化にオリゴ糖の効果とは?
口臭を強くさせる腸内環境の悪化にオリゴ糖の効果についてです。オリゴ糖はたくさんの種類がありますが、すべてに共通するのは整腸作用があることです。腸内環境を整え口臭を改善させるには役立つ糖になります。その特徴や働きについてまとめています。
腸内環境を整えて口臭の改善に役立つ食品の働きとまとめ
腸内環境を整えて口臭の改善に役立つ食品の働きとまとめです。腸内環境が悪化することで口臭が便のようなうんちのような臭いにさせていきますが、その腸内環境を整えることができ、さらに口臭の改善にも役立つ食品を厳選してまとめています。どのようなものがあるのか参考に。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口臭の原因と改善 口臭と臭いの種類 ドライマウスと口臭 口臭サプリ